睡眠薬で快適な朝を迎えるために

さわやかな朝
どうしてもよく眠れない、夜中に何度も目が覚める、などなかなか熟睡できない女性が多いです。ストレスや精神的不安が要因になっていることがあrますが、詳しいことはよくわかっていません。眠りの研究をしている精神科医がたくさんいますが、やはり未知の世界なのです。
一方で、睡眠薬や安定剤は、いろいろな製薬会社からたくさんの薬が毎年開発されていますので、睡眠の質や患者の生活状況に応じて睡眠薬は選ばれます。寝つきをよくしたり、夜中に目が覚めないようにといったことで短時間型から長期間型睡眠薬に分けることができます。睡眠薬を使うと起きたときにふらつきなどを発症することがあるため、睡眠薬りよ弱い安定剤を使う医師がいます。安定剤を服用すると、眠気を催しますので、自然と眠りについていきます。人によっては安定剤がまったく効かないということで、睡眠薬を飲みます。これを続けると癖になったりします。眠れないというのは、想像以上につらいものですので、眠れるようにするため睡眠薬を2~3種類飲まれる方もいます。これで眠れるのであればこれでいいのです。また、例えば偏頭痛で眠れないなら治療薬で改善といったことも考えていくことが必要です。根本から睡眠を改善していくのです。
眠れない日が続くと、日常生活にいろいろと支障が出てきますので、患者さんの意向にしたがって安定剤などがたくさん処方されることは不思議ではないのです。
新しい薬がこの世に生まれて来るたびに、医師は新しい薬を使いたがります。睡眠薬も例外ではないです。すべての薬に効果がないとすれば、新薬を使ってみたいものです。その薬のおかげで、患者さんが快適な朝を迎えることができたなら、どんなにうれしいことでしょう。あくまでも、薬の効きには個人差があります。そのことをじゅうぶん念頭に置いて、服用しましょう。