睡眠薬の使用と共にクラシック音楽で安眠効果

クラシック音楽というものは、とても心がいやされるものです。クラシック音楽には、とてもリラックス効果をもたらしてくれる作用があり、そのため、赤ちゃんを寝かしつける際に、クラシック音楽をかけるお母さんもいるほどです。
また歯医者さんというと、怖いイメージがありますが、そのような怖いイメージを払拭するために、このようなクラシック音楽をかけている歯医者さんもおられます。また、病院などの待合室でこのように音楽が流れているのも、リラックス効果をえるためのものであり、患者さんの緊張をほぐす狙いがあるためです。

睡眠薬は、とても眠気をさそってくれ、眠れない人にとっては救世主のような存在です。特にうつ病などの心の病の人にとっては、睡眠薬はなくてはならないものであり、これがなければ、睡眠がまったくとれない、そのような状況におかれている人もすくなくありません。睡眠は、人間にとって、とても大切なものであり、睡眠ができないだけで、病気にかかってしまう、または病気が悪化してしまうということは昔から知られています。睡眠薬はこのように、人に睡眠を快適にもたらしてくれるものですが、クラシックもまた、同じように睡眠をもたらしてくれるものです。

そのため、医療機関によっては、クラシックを寝る前に、睡眠薬を飲む前にCDなどでかけてください、というアドバイスをおこなったり、寝ている間にも、クラシック音楽が耳元で静かに聴こえるように、アドバイスがされる場合があります。これはうつ病などで苦しんでいる患者さんの苦痛を、クラシック音楽を通して、少しでもよくするためのものであり、睡眠薬と併用してつかうと、かなりリラックスできるケースもあります。